サポート かけ方・受け方 / ランプ表示・識別音 / 用語解説 / サポートセンター / TA操作ガイド


〜電話のかけ方・受け方〜


  ★電話のかけ方
  • 市内への通話 … 今まで通り、市内局番からダイヤルします。
  • 市外への通話 … 今まで通り、市外局番からダイヤルします。
  • 国際電話への通話 … 今まで通り、相手国の電話番号の先頭に「010」もしくは「0033-010」をつけてダイヤルします。
  • 提携(無料接続)プロバイダのIP電話サービス契約者への通話 … 「050」で始まる電話番号を「050」からダイヤルします。
  • 有料接続プロバイダのIP電話サービス契約者への通話 … 「050」で始まる電話番号を「050」からダイヤルします。
  • 携帯電話への通話 … 今まで通り、携帯電話番号をダイヤルします。
  • PHSへの通話 … 今まで通り、PHS電話番号をダイヤルします。
  • 意図的に一般電話(マイライン等)を利用する場合 … 「0000(ゼロを4回)」+相手先電話番号をダイヤルします。
  • その他(無料提携・有料接続以外)のプロバイダのIP電話サービス契約者への通話 … 「0000(ゼロを4回)」+相手先電話番号をダイヤルします。通話料金は、お客様がすでにご契約されている通信事業者からの請求となります。

   ※このような時は、一般電話(サービス対象外通話)でご利用下さい。

  • その他のプロバイダのIP電話(050)への通話
  • FAXが送れない場合
  • プッシュ信号を使うサービス(銀行の残高照会等)がご利用できない場合
  • ケーブルフォンが正常にご利用できない場合
    →「0000(ゼロを4回)」+相手先電話番号をダイヤルして、一般電話でご利用下さい。
  • 通信事業者を指定して電話をかける場合(通信事業者を指定した国際電話を含む)
    →「0000(ゼロを4回)」+事業者識別番号+相手先電話番号をダイヤルして、一般電話でご利用下さい。

   ※ご注意

  • ご利用のIP電話機器(TA)の再起動中は、ケーブルフォンをご利用頂けませんのでご注意下さい。
  • IP電話または一般電話を切ってから再度電話をかける場合には、必ず3秒以上受話器を戻した後でかけて下さい。

 

  ★電話の受け方

   今まで通り、電話がかかってきたら受話器を取ってお話下さい。