ケーブルフォンについて / お申し込み / 料金 / 端末など / 電話の操作 / 故障など / 休止と解約


〜よくある質問:電話の操作について〜


Q. 電話のかけ方は変わりますか?

A. これまでの電話機のダイヤル操作と変わりません。

このページの先頭へ


Q. 電話の受け方は変わりますか?

A. 変わりません。

このページの先頭へ


Q. 国際電話はどうやってかけるのですか?

A. これまでと同じです。電話番号の前に0033+010または010を付けてダイヤルして下さい。

このページの先頭へ


Q. 国際電話をかけようとすると、ケーブルフォン以外の発信になるのですが、なぜですか?

A. ケーブルフォンでの国際電話において、通話先の国の電話交換機の稼動状況などにより接続に10秒以上の時間がかかるため、一般電話と併用されている場合は一般電話(NTT等)からの発信となる場合があります。この場合『ピピピ』または『ピピ』という識別音がなり、お客様がすでにご契約されている電話会社を経由した通話となります。この場合ご利用になった電話会社から通話料が請求されます。

このページの先頭へ


Q. 一般電話と併用している場合、一般電話(NTT等)網で発信したい時はどうすればいいですか?

A. 相手先の電話番号の前に"0000"を付けてダイヤルして下さい。
ご利用になった電話会社から通話料が請求されます。

このページの先頭へ


Q. 携帯電話やPHSへもかけられますか?

A. 携帯電話やPHSへの発信も、一般電話同様に電話番号をダイヤルすることで通話可能です。

このページの先頭へ


Q. ケーブルフォンに着信できない電話や番号はありますか?

A. ケーブルフォンの(「050」で始まる)番号で着信する場合、一部のPHSや提携外(無料・有料以外)のIP電話等からの着信はできません。なお、一般電話と併用される場合は、一般電話の電話番号(「095…」で始まる番号)で、全ての電話が着信できます。

このページの先頭へ


Q. ケーブルフォンより発信できない電話や番号はありますか?

A. ケーブルフォンのみでお使いになる場合、サービス対象外電話番号には発信できませんが、一般電話と併用される場合には、一般電話(NTT等)網を経由した発信が可能です。この場合ご利用になった電話会社から通話料が請求されます。

・110/119などの3桁番号サービスなどへの通話
・0120/0570/0990などではじまる番号への通話

サービス対象外電話番号一覧

このページの先頭へ


Q. キャッチホンは使えますか?

A. ケーブルフォンのみでお使いになる場合、キャッチホン機能はございません。
一般電話と併用される場合には、以下の通りです。

・ケーブルフォン(「050」で始まる番号)にて通話中 (TAのVoIPランプは緑点滅または緑橙点滅)

(1) 一般電話の(「095…」で始まる)番号に電話がかかってきた場合は割り込み音が聞こえます。一旦電話を切りますと、かかってきている電話に出ることができます。(※キャッチホンとは異なり、それまでの通話は保留されずに切断されます)

(2) ケーブルフォン(「050」で始まる)番号に電話がかかってきた場合は割り込み音は聞こえません。相手方には話し中となり、着信があったことはわかりません。

・一般電話(「095…」で始まる番号)で通話中 (TAのVoIPランプは橙点滅)

(1) 一般電話の(「095…」で始まる)番号に電話がかかってきた場合、NTT西日本が提供しているキャッチホンをご契約されていれば、今まで通りご利用いただけます。

(2) ケーブルフォン(「050」で始まる)番号に電話がかかってきた場合は割り込み音は聞こえません。相手方には話し中となり、着信があったことはわかりません。

このページの先頭へ


Q. 一般電話回線と併用する場合、Lモードやキャッチホンなど、今の電話で使っている付加サービスで利用できないものはありますか?

A. 詳細は下記「サービスとの競合条件」をご覧下さい。
なお、現在お使いの一般電話(NTT等)を解約された場合、ナンバーディスプレイ以外の付加サービスは全てご利用いただけなくなりますのでご注意下さい。

ご利用にあたって (サービスとの競合条件)

このページの先頭へ


Q. ケーブルフォンで通話しているか、一般電話(NTT等)で通話しているかどこでわかりますか?

A. 発信時の音とTAのランプ表示でわかります。

通話の種類 TAの「VoIP」ランプ表示
IP電話への無料通話 ドミソ 緑 点滅
有料接続のIP電話・一般電話・
携帯・国際電話への通話
ドミ 緑・オレンジ 点滅
一般電話回線を経由した通話 なし オレンジ 点滅

※一般電話と併用されている方で、ケーブルフォンから発信した際に「ドミ」等の音が鳴らない場合は、一般電話(NTT等)回線を経由しています。VoIPランプがオレンジ点滅(または消灯)のときには、 一般電話(NTT等)の利用料金が発生しますのでご注意下さい。

ランプ表示・識別音について

このページの先頭へ


Q. 番号通知はできますか?

A. ケーブルフォンの050の番号でかけた時も、番号通知は可能です。
番号通知をしたくない場合は「184」をダイヤルした後、通常通り電話番号をダイヤルして下さい。

このページの先頭へ


Q. TAの電源が入っていなくても電話できますか?

A. 一般電話と併用している場合は通話可能です。この場合、一般電話(NTT等)を経由した通話になりますので、ご利用になった電話会社より通話料が請求されます。

このページの先頭へ


Q. ACR(LCR)機能付きの電話機(アダプタ)を利用しているのですが、問題ありませんか?

A. 外付けのアダプタは取り外していただくことをお奨めします。取り外さない場合は、電源をお切り下さい。また、ACR(LCR)機能付き電話機をご利用の場合、設定をOFFにしてご利用下さい。(電話機の取扱説明書をご参照下さい)
ACR(LCR)機能がONの場合、市外への電話がうまくかかりません。

このページの先頭へ


Q. IP電話(ケーブルフォン)側にかかってきた電話を携帯電話に転送することはできますか?

A. IP電話(ケーブルフォン)側から携帯電話への転送機能はございません。

このページの先頭へ


Q. TAの設定はどうすればいいのですか?

A. はじめのTA取付時は、当社で標準的な設定を行います。その後にTAの設定変更が必要な場合は、機器に同梱されているマニュアルや機器製造元提供の機能詳細ガイドをご利用下さい。また、当社サポートセンターでも電話サポートいたします。

このページの先頭へ